多読ってどうなの?勉強嫌いに♪英語多読 すべての悩みは量が解決する!(繁村 一義, 酒井 邦秀, NPO多言語多読 著♪わたしのラッシー♪

多読
花梨
花梨

多読って有名な勉強法だし、なんとなく凄いかも。。
でも辞書ひかないなんて有り得ないよね。

そんな勉強法で本当に英語力がアップするの??

というのが私の多読に対するイメージでした。

花梨
花梨

英語力アップの本なんて巷に溢れてるし、沢山本を読む前に勉強したい。
ネイティブキャンプのレッスンは、毎日、受けたいし。それだけでも精いっぱい。
方法論ばかり勉強して行動できない人にはなりたくない。

というのが私が多読について学ばなかった言い訳でした。

読んでみて「真面目に文法に取り組めない勉強嫌いの私にうってつけ」でした。

「英語多読 すべての悩みは量が解決する!(繁村 一義, 酒井 邦秀, NPO多言語多読 著)」

多読の3原則とは ①辞書は捨てる。 ②判らないところは飛ばす。 ③自分に合わないと思ったら投げる。

です。ラダーシリーズの説明にも似たような事が書いてあったのですが、どうしても単語を調べてしまう私には目からウロコの内容でした。

特に重要な点は、簡単すぎる本から始める楽しむ事の2点だと書かれています。例えばTOEICで900点取れるような人でも絵本から始めて効果が出るとの事でした。という事は、当然私は絵本ですよね。ラダーシリーズ1でも難し過ぎる事になります。

また多読での効果が凄いのです。沢山の事例が紹介されているのですが、TOEIC対策を全くしなくても200~300点上がるなんて事がある様です。文法苦手、単語も覚えたくない私にピッタリです。高齢者の事例も紹介されていて目が輝いてしまいます

また視覚を上手く利用する事により、絵本が効果とのことです。でも絵本を買うのにまあまあ投資が必要ですよね。絵本なので直ぐに読み終わってしまいます。1日1冊買うのって結構な額になります。そしてそれの解決策も沢山紹介されているのです。例えばOxfotdowlというサイトでは英語の絵本が無料で沢山読めるのです。そこで直ぐに試して見たのですが、使い勝手がイマイチでした。先ず、字が小さすぎて拡大する必要があります。そして拡大した状態でつぎのページに進めないため、また元の状態に戻すという具合です。絵本なので数秒から数十秒でコレを繰り返さなければなりません。

それで今のところの解決策としては、KindleUnlimitedの本をを利用するという事です。

[野村 尚子, Naoko Nomura]のわたしのラッシー: My Dog Lassie (日本語と英語による絵本シリーズ Book 1) (English Edition)

わたしのラッシー: My Dog Lassie (日本語と英語による絵本シリーズ Book 1) (English Edition)

これは特におすすめです。簡単だけど奥が深い内

容で、あーつまらないことで悩むのは辞めようって思えます誰もが幸せになれる素敵な絵本です。こんな英語絵本がもっとUnlimitedで買えるようになると良いのですが。色々とトライアンドエラーを繰り返してみます。

コメント