The Ganghi Story♪ガンジーストーリー♪ラダーシリーズ1♪IBCパブリッシング♪多読に超おすすめ♪audiobookで耳読も

ラダーシリーズ

カンジーを知らない人は、流石にいないと思いますが、非暴力を貫きイギリスの植民地からインドを独立に導いたすごい人っていう認識だけでは無いでしょうか?私はそうでした。

普通に日本語の伝記として読んでも興味を持てる良書でした。面白いし簡単な単語で書かれているのでスラスラ読めてしまいます。読み出したら止まらなくなって一気に読んでしまいました。まさに多読にぴったりですよね。歴史に残る偉人のストーリーは面白い!!!

子供の頃には暗闇すら怖かったガンジーがどんどん成長し、正しい知識を身に着け、変化し強くなっていく姿には爽快感すら覚えます。日本の教科書に載ってもおかしくない内容です。もしかして載ってるのかも?

「I have a dream.」の演説で有名なマーティン・ルーサーキング Jr. が「Christ gave me the message. Gandhi gave me the method.」と言った様に、ガンジーの出現以降、次々と差別と戦う人達が非暴力主義を掲げるようになります。ネルソン・マンデラアウン・サン・スー・チーダライ・ラマもそうです。まさに世の中を大きく変化させた人なのですね。

またガンジーは、人生で2338日もの間、投獄されます。なんと6年以上にも及びます。またその間、幾度も断食を試みています。ガンジーの影響力は強くなる一方でガンジーを死なせたら民衆の怒りが爆発するのを恐れるイギリス側は妥協するしか無くなるのです。正しい思想と生活と断食の力で不可能だと思われていた独立を勝ち取ったのでした。

独立だけではなくインドのカースト制度も変えようとしたのも凄いところです。カーストにも入らないアンタッチャブルという階級の人達を「神の子」と呼び、支え一緒に暮らしたのです。全くタイプは違いますが、坂本竜馬を思い出してしまいました。江戸幕府を倒して階級のない平等な社会を夢見た竜馬を。やはり世の中には不変の真理はありますね。まさに神ですね!!!

コメント