赤毛のアン原書を読んでみた

多読

読んでみたって言っても最初の方だけです(笑)kindle版で読んでaudible版で耳読をするやり方です。ラダーシリーズのAnne of Green Gables を読んでから、少しづつ読み進めていたのです。でも正直難しいんです。文法も英検準1級レベルって言われてますから当然難しいんですが、なんと言っても単語が難しい。カナダのプリンスエドワード島の豊な自然を表現しているので、木や花の名前も盛りだくさんです。それでも台詞は口語だから簡単だし、内容が頭に入っているので、ある程度の理解は出来るのです。ただとにかく進まない。読み終わるのに1年はかかるのではないかと思う程です。

勝間和代さんが英語をマスターした時には、「7つの習慣」のように完全に頭に入っている本を繰返し聞いたと本で読んだことがありました。だから私は「赤毛のアン」にしようと思ったのですが、日本語能力からして違いがありすぎます。私と勝間和代さんとでは。

それにしても凄いですよね。7つの習慣が既に頭に入っていて、あの難しい本を英語で理解出来るって。どんだけ~(古っ)。私は勝間さんと同じ年なのですよね。本当に泣けてきます。でも負けません。ここで諦めたらまた以前の私と同じです。憧れの海外ロングステイで英語をペラペラ喋る姿を夢見て頑張ります!!

話は戻りますが、私は、木や花の名前は日本語でも覚えられないような人なのですよ。思い返すと村岡花子さんの訳本でも飛ばし読みしてたっけ。。。日本語で飛ばし読みなのに英語で読めるはずがない。またまたやっと気が付きました。取り敢えず、暇な時の耳読だけは、続けてしばらくお休みすることにしました。もう少し英語力も時間の余裕も出来てから、なんなら海外ロングステイ中にゆっくり読んでみても良いかも知れませんよね。

そこで次に何を読むかという事で悩みます。色々と探しました。大好きな「アルプスのハイジ」にしようか、それとも定番の「星の王子さま」にしようか・・・。そこで結局ラダーシリーズの多読に挑戦してみることに決めました。自分の気に入ったものをレベル1から始めてみます。赤毛のアンはレベル3でしたが敢えてレベルを落としてみようと。多読ですからね。意外も意外「アインシュタイン・ストーリー」を読んでみる事に決定!!!

コメント