50歳過ぎてからやっと気づいた自分の人生って何?

その他英語学習

50歳の冬、大学の同窓会が開かれると連絡が来たのです。

遠くまで行くのは面倒くさいなあって思い、結局参加しなかったのですが

でもそのおかげで懐かしい友達らと連絡を再開できました。

学生時代の友達って良いものですね。

瞬時に学生時代のようなノリで話しが出来ますよね。

友達と話していると、自分ではない別の自分が鏡に写っているような

不思議な感覚になったのです。

友達の姿に自分を映して観ているというか、、、

私にも別の人生があったのではないか等々。。。

大学を卒業後、アメリカで日本語教師をしていた友人Mは

フリーランスの通訳ガイドとして働き始めたところだと言うのです。

販売の仕事をしている友人Yは、卒業後ずっと大手英会話教室で勉強を続け

今では仕事で外国人の接客を担当していること。

私も仕事をしているものの田舎で主人の仕事を手伝って

向いていない経理をずっとやってきました。

ええ。経理は立派な仕事です。ただ向いていないのです(笑)

向いてないなりにも、続けてきたのでそれなりの自信も出来ました。

仕事からお金の事、税金の事、世の中の仕組みの事etc…

沢山の事を学ばせてもらいました。

でも私の心の奥底で、私はもっと広い世界で生きたい。

諦めたくないって叫び声が聞こえてきたのです。

良くある話で隣の芝生は青く見えるますよね。

当然、それぞれ悩みを抱えていることぐらい解っています。

友達には私がキラキラ見えたかも知れません。

でも最後のチャンスかも知れない、後悔したくないって、

50歳になってやっと奮起した瞬間でした。

女性は結婚してから、○○さんちの奥さんやら○○ちゃんのママなんて

呼ばれますからね。忙しすぎて疑問にも思わず、抗う事すら抵抗を持ち

自分の人生って何?ってやっと気づいた時にはオーバー50って

まるでお昼のドラマでしょ。な展開です。

コメント